試してみて!妊娠しやすい体を作るための漢方薬

妊娠しやすい体を作るための漢方薬

 

そもそも漢方薬とは

 

漢方医学は西洋医学のように病気に対してピンポイントで即効性のある既成の西洋薬を処方するのではなく、西洋医学では病気とはみなされないような症状に対して、体質改善を図り体質そのものからゆっくりと変化させて自然治癒力や生命力を引き出し、体調を整えていく治療法です。

 

病院で漢方治療を行う場合には医師が、また薬局でも専門知識を持った薬剤師がカウンセリングをして個人個人に合わせて薬を調合してくれます。
女性の場合生理痛や生理不順で悩む方も漢方薬での治療をしたリ、不妊の場合も妊娠しやすい体づくりの為に漢方薬で体質改善行うことは有意義なことなのです。
但し、妊娠中は自己判断での摂取は避け、先ずは漢方を取り扱う産婦人科や、漢方医がいる専門薬局で相談して下さい。
現在では生薬はあまり用いられることがなくなり、主に植物性、動物性のエキスや鉱物性の原料を顆粒の状態にして販売されています。

 

妊娠に効果的な漢方薬とは

 

妊娠しやすい体作りには、身体を温める成分が入っている漢方薬が効果があると言われています。その代表的なものは、参茸補血丸(サンジョウホケツガン)という薬で、ニンジンや杜仲茶などが主成分なので、主に滋養強壮に効果のある生薬として有名です。体が温まり、体温を維持する効果があるので、不妊治療に用いられます。特に高温期に服用して、黄体ホルモンの働きを助けて体温上昇につなげる漢方薬です。
葛根湯も冷え性改善には有名です。
また、不妊治療薬の婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)は、血虚体質(けっきょたいしつ)、つまり貧血で顔色も悪い方に処方され、血液を増やし血流を促進して、栄養補給の効果も高く、冷え性や疲労回復、生理不順を治す漢方薬として人気があります。

等も有名です。

 

なお貧血は食生活の乱れからくる栄養不足や栄養バランスの悪さ、疲れ、ストレスも原因となりますので注意しましょう。

 

その他
・身体のエネルギーが不足していて体力の衰えや倦怠感、不正な出血がある気虚(ききょ)」や虚弱体質の場合には

・頭痛、生理痛、肩こりなどの原因となる血が滞った「淤血(おけつ)」状態の血流改善効果のある淤血剤として

・気が滞った「気滞(きたい)」で、不妊症、イライラ、憂鬱感、情緒不安定などがある場合には

生薬の柴胡(サイコ)を含む柴胡桂枝湯、小柴胡湯、補中益気湯

・腎機能低下、精力減退気味「腎虚(じんきょ)」の場合には

六味地黄丸、八味地黄丸

等が処方されます。

 

・つわりの嘔吐には小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)よく使われます。

 

最後にご紹介するのは、海馬補腎丸(カイマホジンガン)です。これも不妊治療として、よく知られている漢方薬ですが、腎臓や生殖器官、泌尿器系を改善する生薬です。タツノオトシゴやオットセイの生殖器、オスのシカの生殖器、オオヤモリを乾燥させたものなどめずらしい、動物性の生薬をたくさん配合されていますので、滋養強壮や精力増強としても服用することも出来ます。もちろん女性の生殖機能回復にも効果がありますし、男性の不妊治療薬としても有名で、牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)もまた男性の不妊治療に使われます

 

このように漢方薬は種類が多いうえに薬の名前がよくわからないという点でも、専門医や漢方専門薬剤師などの専門家や産婦人科医にいろいろと相談してみることが大切です。
はぐくみ葉酸13

体つくりから

ある記事で読みました日本や韓国に今不妊症で治療をしている人がものすごく多いということ。
睡眠時間が基本8時間の国に比べ日本人は基本6時間と2時間も他国との差が出ていること。女性も男性もものすごくストレス社会で働き者の日本人、女性ではなく男性に問題がある方も多くいろんなカップルが悩みを抱き東洋医学で針やお灸で治療する患者も増加していると聞きました。

 

体が冷えるとどうゆうことになるのか、肩がこると妊娠しにくいとはどういうことなのか。自分でいっぱい本を買って勉強しました。私の自宅には妊娠力の本がものすごくたくさんあります。化学的に妊娠を望むのではなく自分の持っているパワーできちんと元気な赤ちゃんを授かりたいと願う私だからこそ東洋医学の針やお灸の治療は自宅でも可能です。

 

ドラックストアで磁器やピップエレキバン、ほっかいろなど日常から自分で体を作れるものだってたくさんあるのです!なので一人で悩まず旦那さんやパートナーの方にも協力してもらって自分の体つくりから考えていくことが1番大切だと思います。夫婦でよく話し合ってみてください。

 

不妊治療中は東洋医学と並行して

漢方薬と玄米正食事で心までリラックスさせましょう。
不妊治療中での通院中であっても、東洋医学での治療を並行して行うことは効果的と言われています。
それは、不妊治療でまず目指したいところが、身体の免疫アップや冷えを治すことなど、身体の基本的な機能を上げることが大切だからと言えます。

 

東洋医学といっても、鍼治療、漢方薬、ツボ指圧、整体…などさまざまありますが、身体の機能を上げると同時に、精神的にも落ち着かせてくれることも、もう一つの魅力と言えます。
そして、東洋医学の考え方は、日常的な食事を見直すという基本があります。
これは、日々、身体、身体の細胞を作っていることが、食事からだという基本に立ち返り、身体のデトックスで腸内を健康な状態にもたらすことから始まっているのです。
これは、すぐに始められることができます。
おすすめはやはり、玄米と野菜中心の食生活です。
はぐくみ葉酸12
冷えを治していく効果や、精神的な落ち着きをもたらしてくれる効果が期待できるおすすめの漢方として、加味逍遙散があります。
女性には特に良いとされていて、更年期障害のさまざまな症状を緩和する効果も期待できるので、女性に処方されます。
毎日、3回飲み続けることが大切ですが、漢方薬なので効き目もゆっくりです。
自分に合う漢方薬に早く出会い、不妊治療中にも並行して続けていくことが望ましいと言えるでしょう。

 

漢方薬の安全性

漢方薬は医薬品であり厚生労働省から認可されたものなのですが、原材料は植物や動物由来なのでその安全性が気になります。
現に中国から輸入された薬草に残留農薬が検出されたという報告があったりすると、残留農薬試験や放射能検査はできているのかしらとか、添加物や化学物質は入っていないのかしらと心配になります。

 

日本では日本薬局方の規定もあり残留農薬については基準をクリアしていない原料は使うことができず、漢方薬メーカーでも、製品にする段階でのモニタリング検査も実施しているはずです。
また、放射能についても薬事法に厳しい規定があり検査で少しでも放射能が検出されたらその製品を販売することはできなくなりますので、各社とも慎重に対応しているという事です。
一方の添加物ですが、漢方薬にはその錠剤の形を造ったり効果をより高くするためにどうしても必要な成分が添加されています。

 

例えば賦形剤、滑沢剤、結合剤、崩壊剤、光沢剤、着色料などが配合されていることがあります。
メーカーによって種類等は異なりますが、植物由来の添加物のみのメーカーもあります。
これらの添加物の良し悪しの判断についてはやはり専門医などの意見を参考にしたり、できる限り自分で漢方薬製造各社のホームページなどで表示されている成分を確かめるようにすることも大切です。

 

添加物は日本薬局方や医薬品添加物規格に沿って使用してありますが、稀にアレルギーを発症することがあるそうです。
妊活をしている人、妊娠中の人など、どうしても添加物がダメという場合には、生薬を煎じて飲むことになります。
とにかく、前にも記載しましたが外国産の商品を個人輸入で購入して使うことは絶対にしてはいけないことです。

 

漢方薬に副作用の心配は?

漢方薬の成分は天然由来なので副作用の危険性がないように思われますが、リスクはあります。
体質やその時の体調によっては稀に重篤な副作用を起こすことがあり、特に妊婦さんの場合は胎児や母乳に影響がないとは言えませんので漢方薬の摂取にも細心の注意が必要です。

 

例えば、発疹、蕁麻疹、かゆみ等のアレルギーの症状は比較的早い時期に現れてきます。
肝機能障害が起こり、発熱、黄疸、倦怠感、食欲不振、発疹、吐き気・おう吐、かゆみ等は摂取し始めて1か月ほど経ったころ現れる症状です。
また、稀に摂取し始めて1〜2週間で発熱、呼吸困難といった間質性肺炎の症状が出ることがあります。

 

副作用は漢方薬に限らず食品が原因で起こることもありますが、腹痛、胃部不快感、下痢、便秘等の症状も、漢方薬を摂取していた場合は一応副作用を疑ってみる必要があります。

 

なにはともあれ、漢方薬と言えども使用する前にかかりつけの産婦人科医と相談することは絶対条件です。

 

不妊治療の一環で漢方薬を使う場合は、体調管理はしっかりとしておかないと高価な漢方薬が無駄になることがあります。
自分の日常生活の生活習慣を見直し、栄養のバランスを考えた食事(特にビタミンやタンパク質、カルシウム分などミネラル分が重要)、早寝早起きと質のよい睡眠、適度な運動、禁煙等が良い相乗効果を生み、漢方薬による体質改善が成功し子宝に恵まれるようにしてください。

 

⇒天然葉酸配合の、はぐくみ葉酸サプリを試してみたレビュー記事